「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

『 自遊人 』 の晩酌日記etc

ienomi.exblog.jp

茨城在住の飲兵衛です。家飲み&外飲みの模様を中心に、日常の出来事を交えて書き綴っています

カテゴリ:関東・甲信越のお酒( 35 )

最近 お裾分けで頂いた 【 21BY 】( =新酒 )  の大吟醸酒。


ここ数年、 〔 熟成酒 & ぬる燗酒 〕 に 好みがシフトしているオイラとしては家飲みで大吟醸を味わうなんて滅多にない事。


しかも、頂く際に ( 多分 ) オイラの利き酒能力をある程度 信用してくれているであろう方からは 、


「 飲んだ感想を、是非とも 聞かせて欲しい。」



とまで言われたが、



それって 要は 真剣勝負の 利き酒じゃん・・・(汗

しかも上記の事を仰った方は、現役バリバリの酒造関係者・・・・・(滝汗


e0139013_4453675.jpg







お酒を頂く際、その方 曰く、





「 今の自分の持てる技術の粋を集めて醸した酒で、現段階ではこれ以上の酒を醸す事は、自分としては不可能だと思う。 」






との事だったが、普段そんな 〔 ビックマウス的発言 〕 をする様な 性格では無いのを知っているだけに、逆に その言葉の重さや真剣さが凄い伝わってきたから・・・・・








そりゃ~もう このお酒を飲む時は アテ無しで 開栓後 一週間に渡って、計3日ほど真剣に利き酒しましたよ (爆



以下、このお酒のコメント。



『 ここ数年の新酒鑑評会の傾向とか、金賞を受賞するお酒の傾向なんかは ? なれど、醸した本人の情熱 & 意気込みがお酒を通して充分伝わる味わい。』




オイラがお世辞を言う・・・


というか、お世辞を言った時には、必ず表情に出てバレバレになると言うオイラの性格を知っている方には、多分このお酒のレベルを分かってもらえるんではないかなっと?



そもそもこんな形で託すという事は、正直な感想を聞きたいという事だとオイラは思うしね。



近日中にレポート形式で提出する予定 。 貴重な経験させていただき感謝っ!!
[PR]
by ienomi | 2010-03-04 21:00 | 関東・甲信越のお酒
とある日の晩酌。

アテは、 〔 蛸と若布の酢の物 ・ おでん ・ しもつかれ 〕 だったが、酢の物以外は頂き物。



e0139013_002442.jpg
e0139013_003654.jpg
e0139013_004748.jpg



お酒は頂き物を4種類。内訳は 新潟のお酒が1、栃木のお酒が1、西日本のお酒が2。



e0139013_03311.jpg



お酒は好きだが弱い ( と、自分では思っている ) 為、普段の晩酌では2種類がMAXだが、4種類中3種類がアル添酒だった事もありスイスイと杯が進み、気が付けば四合近くを・・・・・・



『どこが弱いって???』


という声が聞こえてきそうですが(汗
[PR]
by ienomi | 2010-03-03 21:00 | 関東・甲信越のお酒
今夜は、栃木県は宇都宮市の地酒、 【 澤姫 生もと純米 & 山廃純米 】 ( 共に16BY ) を お燗で。

e0139013_23491690.jpg



昨年12月に蔵にて、オイラが持ち込んだこの2種類の酒を杜氏さん達と飲んだ際、『 山廃はあまり熱燗にしない方が良いかも・・・』 という全員一致の意見を参考に、〔山廃〕は常温~極ぬる燗、〔生もと〕は ぬる燗~熱燗で楽しむ。どちらも非常に旨し!!


アテは、 〔 サバ&タコの唐揚げ ・ 白菜としめじのくたくた煮 ・ ひろうす 〕 を プレートで。

2本とも、ちょうど完飲に。共に一升瓶で1本ずつ自家貯蔵しているけど、あと3~4年は引っ張れそうな酒質。どのタイミングで飲むかが悩み所ではありますが・・・




e0139013_2358343.jpg

e0139013_23581751.jpg

e0139013_23583068.jpg

[PR]
by ienomi | 2010-02-06 23:58 | 関東・甲信越のお酒
e0139013_23134664.jpg 昨晩は栃木県は真岡市の【 辻善兵衛 純米吟醸雄町 雄町&山田錦サミット優秀賞受賞酒 20BY 】を常温で。開栓日は〔2010年1月25日〕。


開栓当初に強く感じたラズベリー系の香りは落ち着きを見せ、その分ダラダラ飲むには◎な酒質に。


アテは、頂き物の 【 辻善兵衛商店 】 の酒粕を使用した 〔 しもつかれ 〕と、近所の豆腐さんの 〔 ざる豆腐の温奴、粟国の塩かけ 〕 を。


栃木の酒を、栃木の郷土料理で晩酌。しかも〔 和み水 〕 は【 辻善兵衛 】 の仕込み水。我ながら贅沢と思える晩酌でした。





e0139013_23222237.jpg

e0139013_23224057.jpg

[PR]
by ienomi | 2010-02-06 23:22 | 関東・甲信越のお酒
e0139013_20393955.jpg何かとお世話になっている蔵人ひろしさんに第2子が無事誕生したのを祝い ( 便乗とも・・・ )、 【 澤姫 生もと純米 18BY 】 の常温で祝杯。


我が家の定番酒の1本で普段は燗で飲んでいるが、常温でも美味い。この日のおつまみは、 『 オニオンスライス ・ キンピラ蓮根 ・ ヒジキ煮 ・ マカロニサラダ ・ 焼き油揚げチーズのせ 』


「新しい命に乾杯!」 と思いながら、一杯また一杯と。それにしても・・・・・嬉しい時に飲む酒は何故にこんなに美味いのか? しかし、翌日も仕事なので、二合にて終了( 週末だったら結構イッテいたろうなぁ)

e0139013_20521520.jpge0139013_20531583.jpg
[PR]
by ienomi | 2009-05-02 20:37 | 関東・甲信越のお酒
e0139013_19314683.jpgこの日は残酒の 【 花陽浴 純米吟醸 袋吊瓶囲無濾過生原酒 美山錦 20BY 】 & 【 熟露枯 山廃純米 洞窟貯蔵低温熟成原酒 15BY 】を。開栓当初に比べ、どちらも味が乗ってきている。【 花陽浴 】 は冷酒~常温で、【 熟露枯 】 は常温~ぬる燗で楽しむ。


つまみの、 『 オニオンスライス ・ マカロニサラダ ・ 野菜炒め ・ ササミの唐揚げ 』は冷酒~ぬる燗、どの温度帯でも好相性。割と早い時間から飲み始めたので3時間近くかけてのユッタリ晩酌。その為か、四合近く消費。オイラにしては かなり量の行った晩酌でした(大汗)

e0139013_19452384.jpge0139013_19454053.jpg

e0139013_19455949.jpge0139013_19461346.jpg
[PR]
by ienomi | 2009-05-02 19:30 | 関東・甲信越のお酒
「 庭にタラの芽が出たから、食べにおいで 」 と義父からお誘いがあったので、一泊で妻の実家へ。家族は誰もお酒を飲まないので、泊まりで行く時は必ずお酒を持参。この日は頂き物の、 【 東力士 大吟醸無濾過生原酒 20BY 】
e0139013_18382893.jpg

生原酒の割にはサラリとしていて飲みやすい。つまみの天麩羅は、 『 タラの芽 ・ 椎茸 ・ ジャガイモ 』 。全て実家の敷地内で収穫したもの。塩味がついているので、そのままガブリ。追加で 『焼き油揚げ』 を。トッピングの葱も先程まで目の前に植わっていたもので、流石に香りが違う。

e0139013_18445868.jpg
e0139013_184511100.jpg


普段は晩酌の時はご飯は食べないが、タケノコご飯なら話は別 (この筍も庭で収穫)。アサリの味噌汁と共に美味しく〆を頂く。獲りたて食材が豊富な、ある意味贅沢な晩酌でした。

e0139013_18495112.jpg

[PR]
by ienomi | 2009-05-02 18:32 | 関東・甲信越のお酒
( 4月10日 )

帰宅が少々遅かったので、つまみ一品での晩酌。この日のお酒は家飲み初 & 人生初のお酒、埼玉の 【 花陽浴 純米吟醸 袋吊瓶囲無濾過生原酒 美山錦 20BY 】

e0139013_21365344.jpg


水戸市内に飲みに出かけた帰り、久しぶりに立ち寄った酒屋さんで以前から気になっていた 【 花陽浴 】 を見つけて、利き酒して、納得して購入した1本。

銘柄に 『花』 という文字が使われているからという訳ではないが、第一印象は 「とにかく綺麗な酒」。でも、決して薄っぺらい味ではない。新酒独特の、舌先に感じるガスも心地良く スイスイ ( = 酔い酔い ) 飲んでいたら、あっという間に半分以上消費 ( コラッ! )

『 さつま揚げ入り野菜炒め 』 をアテに飲んだけど、鯛や平目など白身の刺身とも相性良さそうな酒質でした。


e0139013_21483430.jpg

[PR]
by ienomi | 2009-04-20 21:47 | 関東・甲信越のお酒
オイラにとって酒は飲む為に買うのであって、決してコレクションの為に買うのではない ( と、自分では思っている )。しか~し、そのお酒に対して思い入れが強過ぎると、開けるのを躊躇う気持と飲みたい気持ちとのバトルとなる。 今夜 開栓したのもそんなお酒。そのお酒の名は・・・・・・






     【 澤姫 生酛純米 とちぎ酒14 18BY 】


e0139013_1115974.jpg 【澤姫】の生酛は 『 生もと&山廃系 』 のお酒が好きなオイラの基準酒となっている1本。

ましてやこのお酒は造りの時にお手伝いをした事もあり、より思い入れが強くなり今まで開けられなかった。例えストックがあと2本あるとしても(爆)

さて味の方はというと・・・・・まずは常温。生酛特有のインパクトある酸を感じるが、キレもあるのでこれはこれで美味い。

続いて燗をつけてみる。45度前後では若干の苦みがあったものの、55度~60度位まで上げてみると苦みも感じずヘタレる事もなかった。そして燗冷まし。甘みとトロミが強くなり、温度帯で言うと一番好みの味。


e0139013_11185011.jpg


この日のおつまみは、『 洋風麻婆豆腐 ・ ポテトサラダ ・ 冷やしトマト ・ 菜の花のお浸し 』 。 通常、 『 生もと&山廃系 』 のお酒には濃い味の肴が合うと言われているが、さっぱり味の野菜 ( 基本、 野菜には何もかけない習慣 )でも問題なく、『 絶対知っておきたい!! 20人 』 というテレビ番組を観ながら、二合ほど楽しんだ夜となり~emoticon-0159-music.gif
[PR]
by ienomi | 2009-04-02 19:30 | 関東・甲信越のお酒
先週はモデムの調子がいまいちで、ネットが繋がったり切れたりと非常に不安定な一週間。
しかし、休肝日を除き晩酌は通常通りに遂行し・・・・先週飲んだのは のお酒

e0139013_17564490.jpg 『 冷酒 』

【 松の寿 純米吟醸生原酒 雄町 20BY 】

【 大那 純米吟醸 おりがらみ生 20BY 】


『 常温&燗酒 』

【 亀甲花菱 山廃本醸造 五年熟成酒  ?BY 】

【 旭興 特別純米酒 くろう ?BY】

【 大那 特別純米 ひやおろし原酒 18BY 】

【 稲里 純米酒 日本晴 土ラベル 19BY 】



【 松の寿 】 は開栓から一週間以上が経過。開栓当初に比べ大分落ち着いた感じで、含んだ時の甘味もUP。

【 大那 】 は開栓当初から新酒独特の荒さはなく、ダラダラ飲むには◎な味。共に完飲。

【 亀甲花菱 】 & 【 くろう 】 は燗で。共に、1ヶ月~2ヶ月後が楽しみな味わい (今でも充分美味いけど)

【 大那 】 & 【 稲里 】 は常温で。 【大那】は酒単体でも楽しめる味。あと1年位放置しても面白かったかも (もう遅いわっ!)。 【稲里】はいつもと変わらぬ ホッ とする、どこか懐かしさを感じる味わい。

ってな様に、先週も晩酌を楽しんだ次第です(笑)
[PR]
by ienomi | 2009-03-29 18:03 | 関東・甲信越のお酒